四次元ことばブログ

辞書と言葉に関するあれこれを、思いつくままに書き記しておくことにしました。

寄稿記事一覧(随時更新)

 

寄稿した記事をまとめています。新しい順です。

 

2021年

【辞書マニア監修】小学生向け国語辞典の人気おすすめランキング13選|セレクト - gooランキング(監修)

【辞書マニア監修】国語辞典のおすすめ24選【小学生・中学生・高校生・ビジネスに】|セレクト - gooランキング(監修)

 

2020年

情報コンテンツサービス終了のお知らせ

「“聞いた風”なことを言うな」→正しくは「利いた風」……ってホント? 近年現れたとみられる「聞いた風誤用説」(1/2 ページ) - ねとらぼ

情報コンテンツサービス終了のお知らせ

 

続きを読む

国会図書館のメシ事情 食堂閉店後どうなったのか

 

破局は唐突に訪れた。国立国会図書館東京本館6階の食堂が、2020年10月20日をもって営業を終えてしまったのだ。


発表されたのは10月14日。あまりにも急だ。私たちには別れを惜しむ時間も与えられなかった。食堂で過ごした日々の思い出が脳裏をかけめぐる。図書館カレー、やけに彩度の高い食品サンプル、小鉢は別会計の謎システム——。


哀傷切なるものもあるが、国会図書館から食事ができる場所が減るのは単純に不便だ。2021年3月末、国会図書館に行く用事があったので、食堂事情がどうなってしまったのか確認してきた。

 

続きを読む

『比べて愉しい 国語辞書 ディープな読み方』という本を書きました

 

本が出ます。

 

比べて愉しい 国語辞書 ディープな読み方

比べて愉しい 国語辞書 ディープな読み方

  • 作者:ながさわ
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: 単行本
 

 

タイトルの通り、辞書は比べると役に立つし楽しいよということを縷々書き連ねた本です。

 

第1章で語釈や項目が辞書によってどれだけ異なっているかを述べ、第2~3章では「似た意味のことばの使い分けに強い辞書はどれか」「明治時代のことばを多く載せている辞書はどれか」など6つの切り口から辞書を比べます。第4章では「なぜか辞書に載っていないことば」を紹介し、第5章では最新の5辞書『明鏡国語辞典』『新明解国語辞典』『学研現代標準国語辞典』『旺文社標準国語辞典』『例解新国語辞典』を辞書マニア的観点からレビューしています。

 

自分にあった国語辞書を選ぶ際のガイドとして使っていただけるように、そして最終的には読んだ方を辞書沼に引きずりこむことを目指して執筆いたしました。お手に取っていただけると嬉しいです。

 

辞書の引き方をイチからガイドした既刊『使える!国語辞書』も、あわせてよろしくお願いいたします(「日本語教師読本」のシリーズですが、日本語教師でない方にもお使いいただけます)

 

使える! 国語辞書: 日本語教師読本 4

使える! 国語辞書: 日本語教師読本 4

 

 

あと、第10回シンデレラガール総選挙では元気いっぱいのおひさまみたいなアイドル龍崎薫に投票をお願いします。

 

idollist.idolmaster-official.jp

ぼくのかんがえたさいきょうの今年の新語2020

 

去年に引き続き、「今年の新語2020」の理想編成を勝手に考えました。これはあくまで理想編成であって、予想ではありません。そこんとこよろしくな。

 

これが「ぼくのかんがえたさいきょうの今年の新語2020」だ!

 

続きを読む

たほいや入門

※本稿は、2013年12月のコミックマーケット85にて頒布した『TECHRIOR vol.2』(テクリア)所収の「たほいやのルール」「初心者を卒業するためのたほいや講座」を改稿したものである。
※本文中にはかつてフジテレビ系で放送された「たほいや」でお題となった語のもじりがいくつか含まれている。該当箇所には脚注で『広辞苑』第7版からその語釈の一部を引用した。

 

たほいや」というゲームをご存じだろうか。簡単に言えば、『広辞苑』に載っている変な言葉の意味を推測し、当てるゲームである。きわめてシンプルなルールながら、蓋を開けてみればそこは高度な頭脳戦が繰り広げられるバトルフィールドである。脳が溶けている人もよくいる。読者諸氏にも、この世界を思う存分味わっていただきたい。

 

続きを読む

ぼくのかんがえたさいきょうの今年の新語2019

本日、三省堂が主催する「今年の新語2019」の結果が発表されます。公募によって集めたことばの中から、「2019年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に採録されてもおかしくないもの」トップ10を決める催しです。

 

僕は一「今年の新語」ファンとして一昨年昨年とランキングを予想してきたのですが、ほとんど当てられなくて悲しいし、予想することに何か意義があるのかと問われるとまあ正直特に意味はありません。というわけで、今年は趣向を変えて、「ぼくのかんがえたさいきょうの今年の新語2019」のランキングを作ることにしました。あんまり意味がないことには変わりませんが、予想が当たる当たらないの話ではなくなるので、僕が悲しくならないという利点があります。

 

続きを読む

『広辞苑』『大辞林』『大辞泉』はどう違う? 中型国語辞典徹底比較

 

2019年9月5日、三省堂から待望の『大辞林』第4版が刊行されました。2012年11月の『大辞泉』第2版、2018年1月の『広辞苑』第7版に続き、二十数万語規模の中型国語辞書3種の大規模改訂版が出揃った格好になります。


比較するなら今しかない!


以下、めちゃめちゃ長くなるので、最初に結論を先取りしたレーダーチャートを示します。あくまで超ざっくりとした比較ですので、参考程度にご覧ください。

 

f:id:fngsw:20190926230652p:plain


まず『広辞苑』『大辞林』『大辞泉』の大まかな特徴を比べた上で、具体的な見出し語も対照してみます。これらをどのように使い分けたらよいかの参考になればと思います。

 

続きを読む